雲
雲
みんなもおいでよ
楽しく遊べる♪学べる♪

選択理論心理学に基づく取り組み

フレンドようちえんでは、選択理論の考え方を積極的に取り入れることで、教職員の研修、ならびに子どもたちの指導に生かし効果をあげています。

【選択理論とは】

選択理論は、アメリカの精神科医ウィリアム・グラッサー博士によって提唱された人の脳の働きを説明する理論です。人が自立し、幸せな人間関係を築き、よりよく生きることに役立つ具体的な方法を身に着けます。選択理論に基づくマネジメントを「リードマネジメント」、カウンセリングを「リアリティ・セラピー」とよび、ともに高い成果を上げています。

【自主性を育てる教育】

人はそれぞれ違う理想や願望(『上質世界』とよぶ)を持って行動をしていると考えます。

私たちは、子どもたちが日常行動で自分で考えてよりよい選択ができるように援助をします。人を外からの圧力で変えようとする外的コントロールの排除に留意します。外的コントロールは、人間関係を破壊します。また子供たちを自立から遠ざけます。

間違いを正そうと強制するのではなく、「傾聴する」「支援する」「尊敬する」「信頼する」「受容する」「励ます」「意見の違いについて話し合いをする」といった方法を通して、子どもの気づき、自立を促すように努めています。

フレンドようちえんは、選択理論をベースとして、子どもたちに、自分たちは「愛されている、認められている、大切にされている」と感じられる環境をつくり、自らの意思や考えでよりよい行動を選択し未来を生きる力をつけられるような教育環境をつくる努力と工夫を続けています。

外的コントロール

【基本的欲求とは】

選択理論では、人は生まれながらにして「5つの基本的欲求」を持っていると考えています。

  • 「愛・所属」の欲求:愛し愛されたい、協力、仲間の一員でいたい など
  • 「力(承認)」の欲求:認められたい、達成したい、人の役に立ちたい など
  • 「自由」の欲求:自分で選びたい、とらわれない、独自に行動 など
  • 「楽しみ」の欲求:学び、探究心、好奇心、笑い など
  • 「生存」の欲求:食べたい、寝たい、安全 など

欲求はうまく満たせることが大切です。うまく満たせると自信が付きます。うまく満たせないと、不健全な形でも満たそうとします。選択理論心理学に基づく取り組みでは健全な欲求の満たし方を学びます。

フレンドようちえんは、子どもたちだけでなく、保護者の皆様、職員にとっても、園は欲求を満たせる空間でありたいと考えています。私たちは、問題行動をとる子どもを見た時、必ずしも「ダメだ!」と決めつけた見方だけをしません。たとえば、「傾聴する」「支援する」「尊敬する」「信頼する」「受容する」「励ます」「意見の違いについて話し合いをする」といった「7つの習慣」とよんでいる方法を使い、その子どもの欲求充足に留意しながら、しっかりと子どもと向き合っていきます。
注:「7つの習慣」は具体例として示されているのでそれがすべてではありません。グラッサーは型にはめたやり方を排除します。

上質世界

【すべての教職員は継続的に学んでいます】

フレンドようちえんでは、2007年よりすべての教職員の研修に選択理論の学習を取り入れています。カウンセリング技術を学ぶことは、人間関係そのものをより良い状態に保つことに役立ちます。教育の現場は、様々な立場、経験をもった人々で運営されています。その組織の人間同士の関係がうまくいっていない状態で、いくらすばらしい教育理念を実現しようとしても、うまくいくはずがありません。フレンドようちえんでは、教職員同士の互いの『上質世界』にも配慮しながら、組織としての『上質世界』を共有し、実現を目指して教育を行なっています。

【選択理論心理学に基づく取り組み教育の確立を目指して】

選択理論の提唱者、グラッサー博士は、「社会へ出る前に、良好な人間関係を築く方法を学ぶことができれば、現在、世の中で起こっているほとんどの問題を予防できる」と考え、「落伍者なき学校=クオリティスクール」を作る活動を始めました。そして現在アメリカでは、選択理論を実践している学校が200校を超え、そこでは生徒たちがイキイキと学んでいるだけでなく、高いレベルの成績を上げています。
フレンドようちえんでは、この選択理論をベースに、日本の家庭事情や教育環境に適合したカタチ(フレンド流)にしていくことで、独創的でかつ理想的な幼稚園をつくり上げることを目指し、現在職員共々大奮闘中です。
そうした私たちのビジョンをご理解いただき、共に学び共に成長していけることを願っております。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

参考図書

  • 「グラッサー博士の選択理論」(アチーブメント出版)
  • 「選択理論を学校に—クオリティ・スクールの実現に向けて」(本の森出版)